FXのチャート分析を徹底解説!チャートはシンプルに見よう

FX始め方
読者の方
読者の方

・FXで勝てるようになりたい
・チャート分析のコツが知りたい

チャート分析力を強化すれば勝率は大幅にアップします。
なぜなら、「現在の相場環境は勝率が高いのか・低いのか」が
わかるようになるからです。

初心者の負けの多くは衝動的なトレードによるものです。
例えば、
・値が大きく動いたからエントリー
・レジサポラインをブレイクしたからエントリー
・ダブルトップができたからエントリー など
その結果、負けがかさんで、利益を獲得してもすべて吹き飛ばしてしまいます。

FXで勝てるトレーダーになるためには、第一に「負けを減らす」ことが大切です。
そのためには、勝ちやすい相場・負けにくい相場を見抜く力が必要になります。

本記事では、チャート分析をするときに考慮すべきポイントを3つに絞って解説します。
では、始めます。

FXでチャート分析力を鍛えるべき2つの理由

FXは一獲千金を狙うギャンブルではありません。
「期待値」をいかに高めていくかという確率論の世界です。
そのため、FXで勝つためには以下の3つのテクニックが必要です。

・平均利益を上げる(利益を伸ばす:利確のテクニック)
・平均利益を下げる(損切りを小さく:損切りのテクニック)
・勝率を上げる(勝てる相場で勝負する:エントリーのテクニック)

その条件で、なぜエントリーするのか、なぜ利確するのか、なぜロスカットするのか、
このなぜの部分を突き詰めていくことで、トレードのスキルは向上します。

なぜを突き詰めることで、感覚ではなく理論でトレードできるようになるからです。
理論が固まると、トレードに再現性が生まれますし、何より自信がつきます。

その理論を作るためにチャート分析が必要になります。
では、チャート分析を鍛えるべき理由を解説していきますね。

理由①:自分がなぜ負けたかがわかる

初心者で一番最初にクリアすべき課題は、
負けたときに自分がなぜ負けたかを理解できるようになることです。

初心者の頃はとにかく負けます。
大事なことは、負けから1つでも学びを得られるかということです。
自分がなぜ負けたのか、同じ負け方をしないためにはどうすればいいのか。
この繰り返しがトレードスキルを向上していきます。

理由②:トレードシナリオが組めるようになる

初心者トレーダーが勝てないのは、
トレードすべきでないところでトレードしてしまっているからです。

狩猟民族が槍を持って獲物を追いかけるように、
短期足を追いかけてはエントリーしてしまいます。

FXの基本は待ちです。
トレードシナリオを立てて自分が狙ったチャートパターンの形成を待ちます。
チャンスを待って、しっかりと狙いを定めてエントリーする感覚です。

トレードシナリオが組くめるようになることで、
負け数を大きく減らすことができます。

FXチャート分析の本質とは

インジケーターの罠

では、なぜたくさんの初心者トレーダーがチャート分析で苦労するのでしょうか。
その理由は、インジケーターの多さです。

FXのチャートツールは、とても多くのインジケーターを搭載しています。
移動平均線、MACD、RSI、ボリンジャーバンド・・・・・

ただでさえ、種類の多いインジケーターですが、
さらに値(パラメーター)が設定できることにより、
そのパターンは膨大な数になります。

その中で最適解を見つけようとしても時間がかかるだけです。

FXチャートの本質は「値段」と「時間」

チャートの本質は「値段」と「時間」です。
インジケーターの罠から抜け出し、チャートをシンプルに見るためには、
値段と時間に注目して分析することがおすすめです。

・値段:世界のトレーダーが注目する値段を理解できているか
・時間:相場がいつ動き出すか想像できているか

特に、初心者は時間について意識が薄くなりがちです。
時間を考慮できず、短期足に振り回され、動かない相場で何度もエントリーを繰り返しています。

FXチャート分析のポイント3つ

ポイント①:節目となる値段を意識する

節目となる値段とは、トレンドを止める可能性がある値段のことです。
節目の値段付近では、売り買いの攻防が起こりやすいので注意が必要です。
私が特に意識している値段は以下の通りです。

・波の高値/安値およびネックライン
・キリ番 (xxx.00円/xxx.50円の2つ)
・月足/週足/日足の四本値(始値/終値/高値/安値)

ポイント②:時間を意識する

相場が動くにはパワーが必要です。
そのパワーが発生しやすい時間帯というものがあります。
例えば、
・指標時間の直前はトレードしない
・1時間足の切り替わりを待ってエントリーする など
時間を意識することで勝率は大きく変わります。

・指標発表、政治イベント、経済イベント
・欧州時間、NY時間の切り替わり
・1時間足の切り替わり

ポイント③:上位足を意識する

とても大事なポイントです。
1時間足を基準にしているトレーダーであれば、最低限、日足と週足は見ましょう。

上位足が作る波は必ず意識しておきましょう。
上位足のレジサポ付近はレンジが発生しやすいです。
例えば以下のような値段です。

・上位足が作っている波の高値/安値・ネックライン
・上位足が作っている波のフィボナッチに該当する値段

FXチャート分析まとめ

最後にまとめます。

・FXのチャート分析ができると、
①自分の負けた理由がわかるのでスキル向上につながります。
②トレードシナリオが組めるようになるので、チャンスを待てるようになり負け数が減ります。
・FXチャートの本質は値段と時間です。この2つに着目したチャート分析がおすすめです。
・チャートは上位足に大きく影響されます。上位足を必ず確認するくせをつけましょう。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました